日記カテゴリの記事一覧

市税滞納者

稲敷市の田口久克市長は4日、市役所江戸崎庁舎で記者会見し、

消費者金融「CFJ合同会社」(東京)を相手取り、市税滞納者が利息制限法の

上限を超えて同社に支払った過払い金とその利息約200万円の返還を

求める訴訟を水戸地裁龍ヶ崎支部に起こす方針を明らかにした。

9日開会の定例市議会に提案して承認を求める。

提訴に至れば同様の訴訟は県内の市町村で初という。

発表によると、市内の男性は9年前から市税計約200万円を滞納する一方、

同社との間で15年間で約200万円の過払い金とその利息があった。

市は男性の過払い返還請求権を差し押さえ、同社に返還を求めたが応じ

なかったため、提訴する方針を固めた。

県によると、国保税を除く同市の07年度の市税徴収率は約87%で、

44市町村中39位。同様の訴訟は全国で各自治体が起こしており、

08年には、兵庫県芦屋市が全国で初めて勝訴した。

県内では、市町村で構成する一部事務組合「茨城租税債権管理機構」(水戸市)

が07年9月に水戸地裁に提訴した。

その後、業者側が支払いに応じたため取り下げたほか、現在3件が係争中という。

稲敷市の提訴の方針について、CFJ合同会社は「コメントできない」としている。

稲敷市の田口久克市長は4日、市役所江戸崎庁舎で記者会見し、

消費者金融「CFJ合同会社」(東京)を相手取り、市税滞納者が利息制限法

の上限を超えて同社に支払った過払い金とその利息約200万円の返還を

求める訴訟を水戸地裁龍ヶ崎支部に起こす方針を明らかにした。

9日開会の定例市議会に提案して承認を求める。

提訴に至れば同様の訴訟は県内の市町村で初という。

(記事は読売新聞より)

これってどうなんでしょう?

この市税滞納者は今後、いわゆる事故情報として記録されますよね〜。

滞納してる時点でダメでしょうが、行政がそこまで突っ込んで良いものなんでしょうか?

ちょっと疑問です。

初めに

初めましてマネ男です。

このブログでは『借入れ』を目的とした

キャッシングの比較をしながら

皆様にご紹介いたします。

お借入れの際には、計画的に行なうようお願い致します。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。