誤登録

三菱UFJニコスは2日、同社が全国銀行個人信用情報センターに

登録している顧客情報の一部内容に間違いがあったことが判明したと発表した。

三菱東京UFJ銀行を含む提携金融機関など22社が発行する

DCブランドのカード利用者に関する登録データ11万2730件

(最大4万2449人)について、クレジットカードのキャッシングサービス

の利用残高の登録漏れなどがあった。

このうち顧客が不利益を受けた可能性があるのは最大で2324件という。

06年10月に全国銀行個人信用情報センターが、登録基準を

改定したのに併せてシステム変更をした際に、プログラムなどの

移行手順に不具合が発生。

同センターからの依頼で社内調査して判明した。

6月28日までに全ての修正を完了した。

(記事はロイターより)

大手企業のミスは莫大な損害を与えてしまう。

顧客はもちろんのこと、当事者にも甚大な影響があるでしょうね。

実際この手のミスや顧客情報の流失などは、その企業の管理不行き届きです。

ハッキリいって一流企業として致命的でしょう?

最近の信販会社は客を蔑にしすぎているのではないでしょうか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。