過払い金返還訴訟

利息制限法を上回る利息を支払わされたのは不当として、京都など26都府県の

約1200人が15日、消費者金融などを相手に、過払い分計約14億3000万円の

返還を求める訴えを、各地の地裁や簡裁に一斉に起こした。

また、ほかに約600人が各社に直接請求。

この日に返還を求めた総額は約22億1000万円に上るという。

全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会(東京)によると、被告企業は武富士や

アイフル、プロミスなど約140社。

一斉提訴は4年連続で、11月にも計画しているという。

(記事は京都新聞インターネットニュースより)

なんか恒例の行事みたいになって来ましたね。

しかし未だ誰にも相談できずに、高金利を支払ってる人もいます。

特に主婦の方や高齢者も多いようですね。

何とか助けてあげたいものですね。

まぁ有り得ない話だと思いますが、心当たりのある会社は

自ら返還もしくは金利の引下げ(申告が無くても)をするというのが

理想的なんだけどな〜。
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42265151

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。