CF

三井住友フィナンシャルグループと三井物産は、

三菱UFJフィナンシャル・グループ系列の信販大手、セントラルファイナンス(CF)

を共同で傘下に収めると発表した。

09年4月までにCFを三井住友系列の信販中堅、クオークと合併させる方針。

新会社は営業収益で信販業3位の規模になり、個人・中小企業向け取引強化に向け

三井住友、三井物産両社と連携する。

三井住友はCFを傘下に収めることで同社が持つキャッシング(貸し付け)

ノウハウを三井住友カードに吸収。

同カードの貸し付け事業を強化し、システム統合によるコスト削減も目指す。

CF自体もクオークとの合併や営業支援などで、三菱UFJ系で信販業界首位の

三菱UFJニコス、みずほフィナンシャルグループ系で同2位の

オリエントコーポレーションとの競争激化に備える。

三井物産は個人向けや海外事業でCFと連携を図る。

CFの土川立夫社長は三菱UFJグループを離脱した理由について

「我が社の特色がそこでは生きないと思った」と述べた。

(記事は毎日新聞より)

この手のニュースが後を絶たないですね

信販、消費者金融そして銀行を巻き込んで

再編が進んでます。
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。