赤字決算

消費者金融大手4社の平成19年3月期連結決算の最終赤字が

計1兆円規模に上る見通しであることが17日、分かった。

利息制限法の上限(年20%)を超える「過払い利息」の返還請求の増加に

歯止めが掛からず、引当金の一段の積み増しを余儀なくされているためだ。

アイフル、アコム、武富士、プロミスの消費者金融大手4社は

18年9月中間連結決算で、過払い金利の返還に備えた引当金がかさみ、

そろって上場来初の赤字(計7653億円)に転落。

3月期連結決算の業績予想も相次いで下方修正し、計9300億円程度の赤字を見込んでいた。

18年9月末に計652億円だった利息返還額は同年末には計1125億円に拡大。

その後も増加傾向が続いていることから、各社とも「追加的な引当金の

積み増しなどでさらに赤字幅が拡大する見通し」(プロミス)だ。

昨年末に成立した改正貸金業規制法による規制強化は、業績悪化に苦しむ各社に

さらに追い打ちをかけそうだ。同法では平成21年末をめどに、個人ローンの上限金利

(年29・2%)が15〜20%に引き下げられるほか、

借り手1人当たりの貸付総額に上限を設ける総量規制が導入される。

こうした規制強化による経営環境の悪化をにらみ、大手各社では

貸し出し審査を厳格化して、返済能力の高い借り手に融資先を絞り込む動きを

加速させている。

新規融資申込者数に対して、実際に融資を受けた人の割合を示す成約率は

今年2月にアイフルが前年同月比で37・7ポイントも低い34・6%に

落ち込んだのをはじめ、大手4社で軒並み低下している。

大手各社は店舗閉鎖や人員削減など大胆なリストラ策に着手。

銀行融資の保証業務を強化するなど個人向けローンへの依存度の高い事業構造の

再構築を急いでいる。ただ、急激な市場収縮の中、「プレーヤーの数は少なくなり、

業界再編も進む」との見方は強く、各社はM&A(企業の合併・買収)

や提携による一段の経営効率化を迫られそうだ。

(記事は産経新聞より)


それにしても桁が凄い事になっていますね。

消費者金融の貸し渋りを聞くと、以前の銀行の貸し渋りを思い出します。

借りれなくなった消費者は、どこへ行ってしまうのか?

かと言って不法とみなされる事は放ってはおけない。

この歪み(矛盾)は解消されないのでしょうね。

不幸な事にならない様に祈るばかりです。
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39298888

この記事へのトラックバック

消費者金融大手4社、最終赤字1兆円規模 再編活発化も
Excerpt:  消費者金融大手4社の平成19年3月期連結決算の最終赤字が計1兆円規模に上る見通しであることが17日、分かった。利息制限法の上限(年20%)を超える「過払い利息」の返還請求の増加に歯止めが掛からず、引..
Weblog: キャッシング集
Tracked: 2007-04-19 02:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。