誤登録

三菱UFJニコスは2日、同社が全国銀行個人信用情報センターに

登録している顧客情報の一部内容に間違いがあったことが判明したと発表した。

三菱東京UFJ銀行を含む提携金融機関など22社が発行する

DCブランドのカード利用者に関する登録データ11万2730件

(最大4万2449人)について、クレジットカードのキャッシングサービス

の利用残高の登録漏れなどがあった。

このうち顧客が不利益を受けた可能性があるのは最大で2324件という。

06年10月に全国銀行個人信用情報センターが、登録基準を

改定したのに併せてシステム変更をした際に、プログラムなどの

移行手順に不具合が発生。

同センターからの依頼で社内調査して判明した。

6月28日までに全ての修正を完了した。

(記事はロイターより)

大手企業のミスは莫大な損害を与えてしまう。

顧客はもちろんのこと、当事者にも甚大な影響があるでしょうね。

実際この手のミスや顧客情報の流失などは、その企業の管理不行き届きです。

ハッキリいって一流企業として致命的でしょう?

最近の信販会社は客を蔑にしすぎているのではないでしょうか?

経営統合?

消費者金融業界で3位のプロミスと5位の三洋信販が

年内にも経営統合する方向で交渉に入ったことが19日、明らかになった。

実現すれば貸付残高は約2兆円に達し、アイフルを抜き業界トップとなる。

貸金業規制法の改正に伴う灰色(グレーゾーン)金利の撤廃決定で、

過去に取りすぎていた利息の返還請求が急増するなど、

経営環境が悪化するなか、統合による規模拡大と効率化で

生き残りを目指すのが狙い。

交渉では三井住友銀行が株式の約20%を保有するプロミスが

三洋信販に対して買収を提案しているもようで、TOB(株式公開買い付け)

によって、三洋信販の株式の過半数を取得しする案が有力とみられる。

両社は利息返還請求に加え、今後の請求に備えた引当金の積み増しで、

2007年3月期は大幅な最終赤字に転落。

特に三洋信販は今年1月に顧客の取引履歴の改竄(かいざん)などで

金融庁から返済受け付けを除く全業務の停止処分を受け、

顧客離れが進んでいた。

プロミスは関東を中心とした東日本に強い営業基盤を持ち、

「ポケットバンク」ブランドを展開する三洋は西日本に強く、補完関係が築ける。

また、店舗の統廃合などで効率化が図れるほか、三井住友銀行にとっても、

リテール事業の柱の一つと位置づける消費者金融事業を拡大できる利点がある。

(記事は フジサンケイ ビジネスアイより)

この2社が経営統合されると、一気に業界トップになるらしい。

業界再編は着実に進んでるようですね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。